ファクタープラン申し込み契約

ファクタープランのスピード即日ファクタリング

ファクタリング 即日 対応 ファクター プラン

ファクタリング

 

即日 対応 ファクター プラン

 

ファクター プランは個人、法人を問わず諸々な業種に適したファクタリングサービスを

 

供給するファクタリング法人です。

 

ファクタリング業界の中でも滅多に、個人への売掛金でも応対できるという事から、

 

興盛のファクタリング法人の中でもやがて確かな展望があると言えます。

 

ファクター プランは東京都の池袋に事務所を構える株式会社ワイズコーポレーション

 

によって運営されているファクタリング法人です。

 

ファクタリング以外にも、中小ビジネス者向けに経営コンサルティングを行なっており、

 

多くの会社のビジネス一新や元金調達の落着に貢献をしてきたという実績があります。

 

株式会社ワイズコーポーレーションは社外にも数多くの専門的元金調達ネットワークを

 

構築しており、専門知識を有する弁護士や税理士、社労士などが在籍をしています。

 

まさしく、金融業界のプロフェッショナルといったファクタリング企業であり、今頃のファクタリングの

 

興盛によりおなざりに作られた法人より信用が可能なと腹積もりられます。

 

ファクター プランは沖縄県と北海道、大阪府にある会社は使用する事ができません。

 

これら3道府県のビジネス者の方は、ファクター構想ではなく別のファクタリング法人を

 

使用したほうがいいでしょう。

 

他にも、目を引くのは、取り扱いファクタリングの圧倒的な多さです。

 

ファクター プランのファクタリングサービス・手数料を解説

 

ファクター プランは競合企業と比較して、取り扱いファクタリングの種類を圧倒的に多く取り揃えています。

 

それ故、どのような業種のビジネス者でもファクター計画ならば元金を調達する事が可能なでしょう。

 

マイナーな売掛金を保有しており、買い取ってもらえるか心もとないなケースでも、

 

ファクター プランなら心配無用です。

 

なお、ファクター プランは総てのファクタリングサービスで、2社間取引と3社間取引に扱ってしています。

 

2社間取引のファクタリングとは、売掛先(取引先)に通知せずに債権譲渡で財源調達をする手法です。

 

取引先(売掛先)への債権譲渡通知を行わず、ファクタリング企業との間で債権回収業務委託契約を結び、

 

元金調達を行います。

 

それ故、売掛先にファクタリングの事実を知られる事が無く、信用を失わなくて済むという良い面があります。

 

3社間取引ファクタリングとは、債務者の対抗要件を備える不可欠がある事から債権譲渡には、

 

取引先(売掛先)の承諾が不可欠となる元金調達方です。

 

債権を譲渡する事に関して売掛先からの同意を得なければならず、取引先からの信用を失ってしまう

 

見込みがありますが、債権不渡りの危険性が抑えられるので手数料は2社間取引よりも低く設定されています。

 

ファクター プランにおける手数料は、2社間取引の事例は5%?から、3社間取引の時は3%〜からとなっています。

 

ファクタリングの手数料は売掛金債権の種類や入金Webページなどによって変化するため、

 

一般的なファクタリングの時価に照らし当てはめて、2社間取引の事例は10%〜25%、3社間取引のケースは

 

3%〜5%程度と想定しておくのがいいでしょう。

 

建設業向けファクタリング

 

Amazonや楽天といったインターネットショッピングサイトの台頭に伴い、急速に取扱個数が増大している

 

運送業界ですが、国の掲げる働き方改革と増加し続ける物量の板挟みできつい状況が続いています。

 

そして目下では、ロボットなど新たな配送方導入など、変革期に立たされている運送業の法人の方は

 

多くいらっしゃるでしょう。

 

ファクター プランは、そのような物流業界に最適化された独自のファクタリングサービスを教授しています。

 

製造業向けファクタリング

 

IoT(モノのインターネット化)の拡大やAIの台頭により、新技術の導入や商いモデルの転換を

 

迫られている製造業のビジネス者の方は多々あるのではないでしょうか?

 

ファクター プランは製造業界に最適化されたファクタリングサービスやビジネス構想を供え持ったており、

 

多くの製造業会社の救世主となっています。

 

人材派遣向けファクタリング

 

空前の人手不足と言われる産業界で、今後の会社のランクアップを担う人材派遣企業ですが、

 

不況の煽りを受けて経費削減のターゲットとなってしまう事もたびたびあり得ます。

 

人材派遣業界は手形の使用頻度が高いため、財源調達方として「手形割引」の活用が

 

多々あると言われています。

 

しかしながら、何かと危険性が高い手形割引よりも、ファクター構想の人材派遣向けファクタリング

 

の方が手数料や着手スピード、ノンリコースといった点で優れたシステムです。

 

小売・卸業向けファクタリング

 

インターネットショッピングの一般化により、ショップを構える旧来の小売業は

 

きつい状況に置かれています。

 

卸業においても、プロを通さない流通形態の出現により、ビジネスの継続が今後は

 

より厳しくなると予想されます。

 

しかしながら、ファクト企画係のファクタリングサービスならば、産業モデルの転換に向けた

 

新たなアプローチを実現するための財源を得る事ができます。

 

特に「クレジットカード債権ファクタリング」は、小売業に打って付けです。

 

歯科医業向けファクタリング

 

日本全国の歯科医院の数は年々増加しており、その数は驚いたことにコンビニを

 

上回るとのチェック結果が出ています。

 

人口減少が続く日本においては、歯科医の数は供給過多と言えるでしょう。

 

加えて、開業には多額な治療機器の導入や広告PR費など多くの初期出資が必須になる

 

にも関わらず、開業後に新たな融資を受ける事が簡単ではないという側面もあります。

 

その一方でファクター構想は大口の医療債権にも扱ってしているため、歯科医業の方でも

 

問題なく元金の調達プロセスを確立させる事ができます。

 

世話ビジネス向けファクタリング

 

擁護お金債権ファクタリングとは、ケア保険ビジネス者が国民健康保険団体連合会(国保連)

 

から受け取る介抱見返りを銀行、ノンバンクやファクタリング法人が買い取る事で、普通約45日程

 

必要になるケア支払の入金Webページを早期化して、現金化する財源調達手段です。

 

掛け目は、俗に80%ほどとなり、非買い取り対象分となった残額は国保からファクタリング法人

 

への入金後、使用者に支払われます。

 

手数料は、診療インセンティブファクタリングと同じように、国が請求先となり、債権譲渡の通知を

 

して3社間ファクタリングとなるため低く設定されます。

 

65歳以上のご年配のレートが全人口の25%を超えて、超老齢社会へ突入する事が

 

予想されている中、擁護ビジネスは社会に求められる未来性のあるビジネスです。

 

安定したビジネスの運営のために、ファクター計画ならば、擁護ビジネスに適したファクタリングサービスを

 

受ける事ができます。

 

ファクター プランのメリット

 

ファクタープランの長所は、以下の点が挙げられます。

 

取り扱いファクタリングの数が多々ある

 

個人事業主にも対応(売掛先が法人のケース)

 

売掛先が個人の事例も応対(法人のみ)

 

クレジットカード債権ファクタリングができる

 

ファクター プランの取り扱いファクタリング数の多さは、先ほど見てきた通りです。

 

ほぼ総ての業種を網羅しているため、どのような業種の方でもファクタリングによってキャッシュを得る事ができます。

 

しかも、ファクター計画はライバル企業では滅多に、売掛先が法人の事例に限り

 

個人ビジネス大抵も扱ってしています。

 

その上それだけではなく、法人の活用者ならば売掛先が個人であっても現金化する事ができます。

 

信用力量に乏しい個人の売掛債権にも応対しているというのは、とても珍しい事で、

 

取り扱っているファクタリング法人は極めて少ないものです。

 

クレジットカード債権とは?

 

飲食業や小売業などの、直接カスタマーから売上が出るような現金商売の会社では

 

ファクタリングの活用はできないとされていましたが、それをできるにしたのが

 

クレジットカード債権ファクタリングです。

 

いつも、クレジットカードを活用した入金は、月末に整理てカード法人に請求します。

 

クレジットカードの決済代理法人に請求する債権を活用すれば、ファクタリングを応用する事が可能なのです。

 

クレジットカード債権は決済代理企業の影響があるため、3社間取引しかできないと思われがちですが、

 

ファクター プランのファクタリングサービスならば、2社間取引もできるです。

 

それにより、飲食・小売業やECWebページの方にとってファクター プランはバッチリのファクタリング企業

 

と言えるでしょう。

 

しかしながら、クレジットカード債権ファクタリングをする時には手数料について配慮しなければいけません。

 

俗に、クレジットカードの算入店手数料は4〜5%と言われています。

 

これに、万が一2社間ファクタリングを使って15%でファクタリングした事例、手数料は20%を超える計算になります。

 

言うまでもなくクレジットカードの加入店手数料は、ファクター計画に反対に支払うわけではないのですが、

 

これを頭に入れておかないと、想定していたキャッシュフローと大きくずれる結果となりますので、

 

くれぐれも気をつけましょう。

 

ファクター プランのエントリー手段・契約までの流れ

 

次にファクター プランの申請テクニックや活用の流れを紹介していきます。

 

 エントリーファクター構想を使用するには、電話をするか公式ホームページから申請を行います。

 

申請後、財務状況などの手軽になヒアリングで、与信査定が行われます。

 

与信査定には、以下の書類が必須となりますので、予め提供しておきましょう。

 

決算書(直近2期分)売掛先との契約書、請求書、発注書等入出金の見極めがとれる通帳

 

(過去6ヶ月分)上述の書類は、ビジネス中身や売掛債権の見極めのために必須となります。

 

与信のため、書類は総てFAXかメール添付でファクター計画に送らなければいけません。

 

前もって、コピーをするかPDF化しておきましょう。

 

 面談与信査定の次は、契約に向けての面談があります。

 

ここで、具体的な手数料や入金日などを克明に提示されます。

 

面談時には、査定時とはしかも別の書類が不可欠になります。

 

企業謄本:3通

 

印鑑証明書 法人:3通 代表者個人:1通

 

代表者個人の住民票:1通

 

代表者の身分証明書(顔写真の付いたもの)

 

決算書(直近2期分)

 

売掛先との契約書、請求書、発注書等

 

入出金の見定めがとれる通帳(過去6ヶ月分)

 

書類は一通りコピーではなく、原本で不可欠となりますので、配慮して下さい。

 

 契約面談後、書類の検証が行われ、不備などの問題が無ければ契約となります。

 

契約後、直ちにに買取価格が入金されます。

 

 売掛債権の決済2社間ファクタリングを使用の場合は、売掛先から入金された売掛金を

 

ファクター プランに振り込んで下さい。

 

3社間ファクタリングを使用した事例は、売掛先から直接ファクター計画に入金されるので、

 

特に何もする必須はないのです。

 

ファクタリングはファクタープラン↓

 

公式サイト即現金化【FACTOR PLAN】

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ファクタープランのファクタリング

page top