ファクタープラン申し込み契約

ファクタープランのスピード即日ファクタリング

ファクタリング審査甘い

ファクタリング審査甘い

 

ファクタリングの査定は甘い!?査定の3つの着目点とは

 

赤字決算OK

 

即日契約OK

 

手数料1%から

 

融資断られた法人もOK

 

財産を持たない中小会社の資金繰りテクニックとしてファクタリングの活用が広がっていますが、

 

ファクタリング企業の広告にはこのようなキーワードが並んでいますよね。

 

一見するとファクタリングの査定って甘いように見えますが、現実に甘いものなのでしょうか。

 

採り上げるのは貴重な売掛金をちょっとでも高く買い取ってもらうために、ファクタリングの査定について

 

何とぞ知っておいていただきたい3つの極意を紹介します。

 

ファクタリングの仕組みとは

 

ファクタリングの査定が実際に甘いのかというお話の前に、ファクタリングの仕組みを検証しておきましょう。

 

諸々な種類のあるファクタリングの中から、この投稿ではパーフェクト買取型(ノンリコース)の

 

2者間契約を前提としてご解説します。

 

ファクタリングは、御社が提供した代金等の売掛金をファクタリング企業に買い取ってもらい、

 

売掛先の入金日よりも前に現金化する手段です。

 

したがって、ファクタリングの契約は「債権譲渡契約」となります。

 

わかりやすく言い換えると、売掛金を売買する契約です。

 

債権譲渡契約を他の取引契約に例えると、手形の割引やアイテム券の買取に近いです。

 

手形の割引もアイテム券の買取も、売りに来た人の本人見定めをするだけで所定の割引率で買い取ります。

 

割引率というのは、額面の何%で買い取るかという事です。

 

例を挙げると、一流企業上場会社が振り出した手形なら額面の99%で買い取りましょう。

 

JCBのアイテム券のようにどこでも役に立つアイテム券は額面の95%で買い取りましょうという事です。

 

信用があるとか、流通性が高いという良い面があるほど、高く買い取ってもらえます。

 

ですから、個人で細々と営業している零細会社が振り出した手形や有用ところが限定しれているアイテム券は、

 

信用が低く、流通性が低いので買取代金は低くなります。

 

ファクタリングは売掛金債権の売買なので、手形割引やアイテム券の買取と同じように買取額を設定します。

 

とはいっても、2者間契約のケースはちょっと話が違ってきます。

 

3者間契約なら債権をファクタリング企業に譲渡した事を通知するので、信用力の高い売掛先から

 

直接ファクタリング企業に支払われます。

 

けれども、2社間契約のケースは資金繰りに困っているであろう、わりと信用力の低い企業(つまり、御社)

 

を経由して支払われます。

 

やはり高い信用力のある売掛先であっても、売掛金が御社を経由するだけで取引概要の信用性が

 

低下してしまうのです。

 

それにより、ファクタリング法人は御社の様子も整然と理解する事になります。

 

2者間契約は3者間契約よりも査定が厳しくなるし、買取プライスも低くなるという事を見定めした上で、

 

ファクタリングの査定キーポイントを見定めしていきましょう。

 

2者間契約だと買取額が下がる訳

 

2者間契約は3者間契約よりも買取プライスが低くなるといいましたが、それはなぜでしょうか。

 

要因のトップ大きなものは、売掛金が売掛先⇒御社⇒ファクタリング企業と流れるところにあります。

 

ファクタリングで元金を調達するユーザーは、現在の時点で銀行などの低利の融資を受けられない

 

要因があります。

 

それはつまり、クライアントの信用が低下しているか、信用力の限界まで融資を受けているか、

 

資金繰りが困難な状況である事を趣旨しています。

 

資金繰りがきついクライアントを売掛金が経由するケースに、他の決済に使ってしまったり、

 

差し押さえられてしまったりする危険性をファクタリング法人は警戒します。

 

「そのような事するわけないよ」とおっしゃるでしょう。

 

それはそのとおりなんですが、金融の査定とは全ての危険性を想定します。

 

つまり、「万一の事を心積もりている」という事ですね。

 

実のところにファクタリング企業に送金せず他の事に売掛金を使えば契約違反となり、損害賠償や

 

詐欺罪などに問われる事がありますから、そのような事をする方は少ないのですが、「万一の」危険性は

 

残っているので、それを考慮するという事です。

 

危険性が高ければ高いほど買取値段を低くして、万一のときに備えるのは金融の普通な見解です。

 

当然、売掛先に通知をすれば今後の取引に影響するといったご悩ましいは十分に習得していますので、

 

危険性が高い分、買取費用を低くして総体のバランスをすり合わせしているのです。

 

これは、赤字決算や銀行融資を断られていてもファクタリングを活用可能な訳の一つです。

 

でも、できるだけ高く買い取ってもらうなら3者間契約を熟慮してみるのも一つの手段です。

 

では、2者間契約では高く買い取ってもらえないのかというと、そのような事はないのです。

 

その手法は次の着目点にあります。

 

急いでいると足元を見られる

 

「明日までに300万円くれ」明日の入金が300万円足りないという急ぎのご用命が多々あるのですが、

 

ファクタリング企業は、そのような「ユーザーの足元を見て」買取額を決めている事があります。

 

足元を見ているというと聞こえは悪いですが、「急いでいるなら安い買取プライスでも応じるのではないか?」

 

と思われているんですね。

 

そのようなふうに思われてしまうと、どんだけユーザーの業績が良くても高い買取額になりにくいです。

 

他にも、足元を見ているわけではないにしても、それだけのプライスが足りない事をギリギリまで知らなかったのか?

 

現在まで何をしていたんだろう?という質問がでてきます。

 

このような質問は、デフォルト経営者の資質の点にマイナスに影響します。

 

「この社長でほんとうに問題なしだろうか」と思われるのは避けたいところですね。

 

言うまでもなく、突然必須になるのに要因があるのはわかります。

 

でも、それに気づいたのは「昨日」ではないはずです。

 

それまでにどんなアクションをとっていたのかもびしっと解説するようにしましょう。

 

加えて、本当は昨日気づいたのに、月初から金策に走り回っていたという嘘をつくのはやめましょう。

 

その程度の嘘は調べればわかってしまうので、かえって信用を低くしてしまいます。

 

さて、日程にゆとりのある状況で申し込んだほうがわずかでも高く買い取ってもらう確率が高い事が

 

わかりましたが、その上もう一つのメソッドを組み合わせる事で買取費用を高める事ができます。

 

査定が甘い=買取金額が安い

 

ファクタリングの査定では、売掛先の信用力が高いか低いかによって買取代金が上下する事がわかりました。

 

なお買取代金を高めるメソッドというのは何でしょうか。

 

本当は、ファクタリング企業によって査定の技術や決断水準が違うので、相予算をとると買取代金に

 

異なる点が出てくるんです。

 

「なんだ相予算か」と思わないでください。

 

貴重な売掛金を最大限有効に応用するための大事なテクニックです。

 

例を挙げると、A、B、Cという3社にファクタリングを申し込んだところ、こんな結果が出ました。

 

A・・・1時もしないうちに額面の60%で買い取ると連絡がきた

 

B・・・その日のうちに何の質問もなく額面の70%で買い取ると連絡がきた

 

C・・・何度か付け足し書類の提示を求められて翌日に90%で買い取ると連絡がきた

 

さあ、どのファクタリング法人を選択しますか?

 

必ずに明日には財源が不可欠だというならBをチョイスするのではないでしょうか。

 

30%も手数料で失うのは痛いけども、背に腹は代えられないかもしれません。

 

でも、財源が不可欠な日までわずか時があるなら、買取額が高いCを選りすぐるでしょう。

 

Cは付け足しの書類や質問を求めている事から査定に手をかけているようですから、心配無用感も高いと考えます。

 

ここで用心やりたいのは、まちがってもAを選ばない事です。

 

査定が甘いという事は、危険性があっても気にしないという事です。

 

なぜ危険性を気にしなくてもいいのかというと、仮に危険性が現れてしても、充分に吸収可能なだけの

 

手数料をもらっているからです。

 

言い換えれば、Aを選択する方はかなり切羽詰っていて急いでいるんですね。

 

「足元を見られて」しまう見込みが大きくなります。

 

同じ査定が甘いところならわずかでも高く買い取ってもらえる(いいかえれば手数料が安いところ)を

 

選りすぐるべきです。

 

ファクタリング法人ごとに買取額が如何に違うのかを知る上でもいくつかのファクタリング法人に相予算を

 

注文するのは大事な事だという事がお理解いただけいただけると考えます。

 

ついでに、融資の査定でいくつかにエントリーするのは査定上不利になりますが、

 

ファクタリングのいくつか査定は問題ないのです。

 

他にも、いくつかのファクタリング企業に同じ売掛金を買い取らせるのは詐欺になるので、

 

相予算をかなり契約は1社だけにしてください。

 

査定に時がかからないところは役立つだとおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

それは無論そうなんですが、有益な分、手数料は高くなります。

 

御社が粗利率で30%を超える商売をしているならいいでしょうが、そうでなければ資金繰りを悪化させる

 

だけですから、手数料が安価に、高く買い取ってくれるところを探すのは経営者としてもちろんですよね。

 

整理

 

最後にファクタリング査定の極意を整理しておきます。

 

2者間契約の査定は御社の査定もあり、3者間契約に比較して買取値段が低くなります。

 

急いでいるとロクな事がないので日数にゆとりをもって査定を受けましょう。

 

整然と査定をしないところは安価に買い叩かれる確率が高くなるので相予算を。

 

ファクタリングの査定の秘訣を知っていると、査定の甘いところは買取手数料が高く、

 

資金繰りの改善にはあまり向かない事がわかります。

 

わずかでも有利な前提でファクタリングを活用可能なように、3つの秘訣を有効に使っていきましょう。

 

ご折衝、お質問は現在もうどうぞ

 

ファクタリングはファクタープラン↓

 

公式サイト即現金化【FACTOR PLAN】

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ファクタープランのファクタリング

page top