ファクタープラン申し込み契約

ファクタープランのスピード即日ファクタリング

ワイズコーポレーション ファクタリング

ワイズコーポレーション

 

ファクタリング

 

株式会社ワイズコーポレーション「FACTERPLAN」ファクタープランの1番のチャームポイントは

 

スピード感にあります。

 

要件を満たせば最短即日で現金化を行う事ができるで、「今日にでも元金が必須」という会社でも

 

応用しやすくなっています。

 

ファクタリングは「売掛債権を担保にお金を借りる」というものではなく「売掛債権を買い取ってもらいお金を得る」

 

というものであるため、担保やバックアップ人も不可欠ないのです。

 

負債として扱われてしまう事もないので、最大限に危険性を抑えて財源調達が行えます。

 

ファクタープランは色々な問題を抱えている会社の味方になってくれるファクタリング企業で、

 

赤字決済が続いていたり税金を滞納してしまっていたりするケースでも折衝に乗ってくれます。

 

どれほど設立から間もない会社でもファクタリングサービスを使用可能なのはハッピーな極意でしょう。

 

建設業や製造業、看護業など会社の業種に組み合わせて最適なファクタリングを実施してくれます。

 

2社間ファクタリングでも5%からという安い手数料で行ってくれるのはハッピーな極意で、

 

3社間の事例は3%からというかなり良好的な手数料設定が自慢です。

 

最高買取代金が売掛先1社につき3千万となっているので、億刻みでの取引には応対してくれないのが短所。

 

大口取引を取り扱っている会社は使用しにくくなっています。

 

個人ビジネス主でもファクタリングを使用できますが、売掛先が法人であるケースに限定されているのも

 

利用しづらい秘訣かもしれません。

 

他のファクタリング企業と入念に対比した上で使用を決断するといいでしょう。

 

最短即日の現金化ができる!

 

スピード感がチャームポイント

 

FACTORPLAN(ファクタープラン)でファクタリングを使用する1番の長所は、

 

最短で即日の現金化ができるになっている事です。

 

資金繰りに困窮し「今日にでも元金がなければ万事休す」という状況に陥ってしまっている

 

会社でも状況を打開する事ができるです。

 

取り扱い値段は売掛先1社につき最高3千万円となっているのでそこそこいろいろな債権買取に扱ってしてくれます。

 

取り扱いできるな費用は売掛先の与信や取り扱いの実績によって変化します。

 

会社の元金調達メソッドの代表的な例としては、銀行やノンバンクからの融資があります。

 

ただし融資を受けるときには担保やバックアップ人が必須となってしまい、これを提供する事ができないと

 

財源調達を実現する事は厄介なです。

 

その点ファクター構想なら担保もサポート人も無用。

 

ファクタリングは「売掛債権を担保にお金を借りる」という取引ではなく、「売掛債権を売買する」という取引で

 

あるため第三者によるサポートなども全部必須ないのです。

 

急激な売上の増減に見舞われている会社でも、問題なく難局を乗り越えられるでしょう。

 

さらに、ファクタリングは負債として扱われないため、最大限に危険性を押さえた上で財源調達を行える手段として

 

注意を浴びています。

 

赤字決済や税金滞納などの問題があっても話し合いに乗ってくれる

 

そのような柔軟な扱ってがハッピーなファクタープランでは、一般的な3社間のファクタリングだけでなく、

 

2社間のファクタリングも実施してくれるのが引き寄せられるです。

 

3社間のファクタリングは売掛先にも通知をする不可欠があるため、取引先から「資金繰りがうまくいっていない」

 

と思われてしまう懸念事項があります。

 

けれども、2社間のファクタリングであればファクター計画と使用会社との間だけで取引がなされるので、

 

取引先に債権買取の事実を知られてしまう懸念事項はないのです。

 

しかし、2社間でのファクタリングはファクター計画側の危険性が大きくなってしまうため、

 

その分手数料が高くなってしまうので用心しましょう。

 

賢く活用すれば2社間のファクタリングは会社の資金繰りの大きな武器となってくれます。

 

それでは、ファクター構想の債権買取できる費用について解説します。

 

3社間ファクタリングの時は売掛金の10%が留保金として設定され、買取できる費用は売掛金から

 

留保金を引いた価格となります。

 

例を挙げると売掛金が100万円の事例なら、留保金は10万円です。

 

つまりこの時の買取できる費用は100万円-10万円=90万円となります。

 

2社間でのファクタリングのケース、買取できるプライスは売掛金の70%に設定されています。

 

売掛金が100万円であれば、70%の70万円がファクタリングの対象となります。

 

2社間ファクタリングのケースは手数料が5%から、3社間ファクタリングのケースは手数料が3%からという

 

一流的な手数料設定がファクタープランの自慢です。

 

ファクタリング手数料の時価よりも断じて安い手数料となっているので、よりのんびりに活用できます。

 

悪いところは億刻みでの大口取引には応対できない事

 

手数料が安価に、最短即日での現金化ができるなファクタープランですが、なにか悪い面はあるのでしょうか。

 

ファクタープランの短所、それは億刻みでの大口取引には応対できない事です。

 

先ほどお伝えしたように、ファクター計画が買い取ってくれるマックス価格は売掛先1社につき最高3千万円です。

 

これよりも大きい費用の債権買取を要望するケースは、ファクタープランは不向きです。

 

「最短即日での現金化ができる」というのも、所定の要件を満たさなければ実現はできません。

 

3社間契約のケースや買取代金が大きくなってしまうケースなどは査定や契約に時が必要になるため、

 

即日での現金化は手を焼くかもしれないという事を覚えておきましょう。

 

加えて、個人ビジネス主でもファクタリングサービスを活用可能なものの、買い取ってくれる債権は

 

法人相手の取引のみに限定されているのも悪いところです。

 

個人ビジネス主相手の債権は買い取ってもらえないので、状況によって活用できないのは

 

不便かもしれません。

 

ファクタープランの活用メソッドを解説!

 

ファクター構想の活用手段を大まかに解説します。

 

最初に公式Webページからエントリーを行い、仮査定に入ります。

 

担当者が電話で連絡してくれるので、お願い要件や状況などを伝えましょう。

 

それが終わると面談などの本査定に入ります。

 

この段階で必須書類を提示する事になります。

 

査定に合格した事例には契約を結ぶ事ができ、契約が完了した時点で代金を指定口座へ

 

振り込んでもらえます。

 

より詳しい情報を知りたい方は、公式Webページから直接照会を行ってみましょう。

 

ファクタリングはファクタープラン↓

 

公式サイト即現金化【FACTOR PLAN】

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ファクタープランのファクタリング

page top